HOME | サイトマップ
窓、ドアのことならおまかせください エイベックエコ
防犯・防音・結露等、窓まわりのお困りごと
他社で断られたような難しいご注文もお気軽にご相談ください。
経験豊富なスタッフが工事完了まで責任を持って担当いたします。
下見、お見積りのご依頼はこちらまで(通話料は無料です)
フリーダイヤル 0120-818-985
 ※携帯電話からもご利用いただけます。
サイト内検索 powered by Google
TOP > 防犯のお悩み > 防犯ガラスに交換のオススメポイント
リストボタン 防犯ガラスに交換のオススメポイント
空き巣の侵入手段
防犯対策は、まず窓ガラスから

みなさんも一度は住まいの防犯について考えたことがありませんか?
どの家庭にも空巣などに侵入される危険性をもっています。
防犯の基本といえば、まずは施錠ですが、意外にもピッキングでの侵入は全体の0.4%。実は、一戸建て住宅等の場合、窓ガラスを破壊するケースが最も多く、63.3%と圧倒的な割合をしめています。
施錠をしっかりしても、ガラス自体を破壊して侵入されるのでは、施錠するなどの防犯対策もうまく発揮できません。

窓ガラスからの侵入を防ぐには、
ガラスを破る手口とその対策を知ることが重要です。


侵入をあきらめる時間5分以内に侵入できなければあきらめる

ガラス破りの典型的なものには、ドライバーなどで音を出さないように静かにガラスをこじ開ける「こじ破り」と、大きな音を気にせず乱暴に穴を穴をあけて侵入する「打ち破り」と言われる方法があります。

どちらにしても共通するキーワードは時間。
空巣は人の目を恐れるため、「侵入に時間がかかる」ことを嫌います。
右のグラフのように5分以内に侵入できない場合は約7割があきらめるそうです。

つまり、窓の防犯ポイントは「侵入に時間を稼ぐ」ということなのです。

貫通させにくい構造で侵入をあきらめさせる。

防犯合わせガラスの破壊試験状況空巣に嫌われる窓にするには、静かに破壊しようとしても貫通に時間がかかる・破壊時に大きな音がする窓ガラスに取り替えることが有効です。

この防犯ガラスは2枚の板ガラスの間に特殊フィルムを挟み、加熱・圧着したものです。
この特殊フィルムは厚さ0.76ミリ以上あり、フィルムの厚さを増すほどガラスは貫通しにくくなります。
また、音を気にせず乱暴に開ける「打ち破り」対策には、短時間での破壊が難しい特殊フィルムのより厚い合わせガラスがおすすめです。

このガラスは、物質が当たっても特殊フィルムが衝撃を吸収・緩和し、貫通を食い止めます。
また、破損によるガラス片の飛散を最小限に抑えるので、飛び散った破片でけがをするなどの二次的被害を回避できます。

防犯ガラスの種類
防犯ガラスの性能
防犯ガラスは2枚以上のガラスを強靭な樹脂中間膜で接着して一体化したもの。
割れてもガラスの破片が飛び散らず安全面に優れています。
さらに中間膜を厚くしたり、破りにくいポリカーボネート板などを挟んだりすることで、防犯性能を向上させることができます。
一般住宅で使用される場合、中間膜約1.5ミリ(60ミル)のタイプがお勧めです。


防犯ガラスの種類

防犯ガラスへの交換
既存のサッシを利用してガラスのみを入れ替える簡単な工事です。
1窓約30分〜 お見積りは無料で行っておりますのでぜひお問合せ下さい。

CPマーク

防犯ガラスにはCPマークや板硝子協会で定められた防犯ガラスの統一マークが入ったシールが貼られているので、防犯意識が高いことがわかりやすいですね。

CPマーク 様々な侵入攻撃に対して5分間以上防御することができるか、といった試験にクリアしたもののみ使用が認められたマーク

防犯ガラス工事
リフォーム用ペアガラス
ペアガラスに交換(ホームペヤ)
施工例0094
ペアガラスに交換 2

リフォーム用ペアガラス
アタッチメント付ペアガラス
施工例0002
ペアグラスに交換1
関連リンク
このページの先頭へ


   有限会社 ワイズ・ワン
   神奈川県横浜市港北区新羽町2763
   電話 045-546-9962 FAX 045-546-9963
   メール mado-garasu@yz-one.jp

玄関ドア・断熱サッシ・窓の結露防止・防犯ガラスをはじめ、
シャッター・門扉・カーポートといったエクステリアなどの住宅建材を扱っています。
防犯ガラス、防犯フィルム、結露、等々、窓まわりでのお困りごと、
その他住まいのご相談はお問い合わせフォームより受け付けています。お気軽にご利用ください